Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/nittoku/nittoku.co.jp/public_html/rfid/microchip/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
全米獣医師会AVMA調査結果:マイクロチップによる帰還率アップは犬21.9%→52.2%、猫1.8%→38.5%。しかも・・ | ペット用マイクロチップ - NITTOKU 株式会社

お知らせ

ニュース

全米獣医師会AVMA調査結果:マイクロチップによる帰還率アップは犬21.9%→52.2%、猫1.8%→38.5%。しかも・・

全米獣医師会American Veteriany Medical AssociationのHPに掲載されているマイクロチップに関するQ&Aの9番目に、迷子ペットのマイクロチップの有無による飼い主の元に戻れた率についての説明があります。

Q:  Will a microchip really make it more likely for me to get my pet back if it is lost?
A:  Definitely! A study of more than 7,700 stray animals at animal shelters showed that dogs without microchips were returned to their owners 21.9% of the time, whereas microchipped dogs were returned to their owners 52.2% of the time. Cats without microchips were reunited with their owners only 1.8% of the time, whereas microchipped cats went back home 38.5% of the time. (Lord et al, JAVMA, July 15, 2009) For microchipped animals that weren’t returned to their owners, most of the time it was due to incorrect owner information (or no owner information) in the microchip registry database – so don’t forget to register and keep your information updated.

これによりますと、犬の場合で無し21.9%に対して有り52.2%、猫の場合は無し1.8%に対して有り38.5%という大きな差が有るとの事です。

マイクロチップ有りでも飼い主の元に戻れなかった理由は主に情報登録の不備で、正しい情報の登録と適切な更新が重要である事も併せて述べられています。

(同論文によればマイクロチップ装着ペットの実に42%で不備があり飼い主に連絡が取れなかったとの事で、その様な状況でも上記の様な大きな効果が有りました。

今回の法案通り登録と更新が義務化されれば、帰還率は犬90%以上、猫80%以上になり得るという事になります。)

https://www.avma.org/KB/Resources/FAQs/Pages/Microchipping-of-animals-FAQ.aspx?fbclid=IwAR0muxCUR9GlhB_3QVW4OISqBr0hwtmHDtO_sn2lVQC35fs9Nc9Y4Bam42s